ocapi3’s diary おひとりさま上達への道

大人の女性としておひとりさまも楽しまなくては!

◆009◆ ワン・デイ 23年のラブストーリー

f:id:ocapi3:20170407102314j:image

感想は嬉しかったし、悲しかった。

男女の友情ってやっぱりないのかなと思った。
どちらかの愛情・好意がないと関係は続かないんじゃないのかな。

アンハサウェイの学生から大人まで演じ切れてるのがすごいなと感心した。

◆008◆かもめ食堂

f:id:ocapi3:20170329200449j:image

2006年の作品。
映画も観たことがあり、小説も読んだ。


「パンとスープとネコ日和」を鑑賞し、このゆるい空気間に出会った原点のこの作品を久しぶりに観たくなった。
小林聡美さんが若い。

3人が絶妙。
そこに絡むフィンランドの人々も良い。

モタイマサコさんのマリメッコ柄ワンピースが印象的だった。
東京で見かけたら一瞬ギョっとしてしまうかもしれないが、ヘルシンキのあの物語の中では魅力的に見えた。

おにぎりを看板メニューにする「かもめ食堂」。
和食を基本とした定食メニューは、料理をしたい美味しい食事が摂りたいという欲求を刺激してくる。

北欧のどんより曇り空も素敵に思える。

◆007◆鍵のない夢を見る

f:id:ocapi3:20170329200228j:image

辻村深月さんの短編小説。
連続ドラマ。

出ている女優さんはみんな美しかった。
個人的に最終話に登場する広末涼子さんが好きだが、病んでる感がすごくてちょっと見ていてしんどかった。

予測できるストーリー展開だったが、なんとなく見続けてしまった。

このドラマに登場する男性陣のクズっぷりはモヤモヤを残した。
ダメ男に惹かれるってあるんだなと思った。

◆006◆ パンとスープとネコ日和

f:id:ocapi3:20170328211216j:image

以前観たことのあった全5話のドラマ。
かもめ食堂」のスタッフが制作。

 

この空気間がとても好きでたまらない。
ゆるーく、でも地に足をつけてるようなしっかり感。


登場するキャラは個性的なのだがそれが癖になり愛着がもてる。


またゆるりとしたい時に観たいなと思う。

◆005◆ 食べて、祈って、恋をして

f:id:ocapi3:20170328210729j:image

前から観たいなと思っていた作品。
一人でのんびりしたい時にでもと思っていた。

寝てしまった・・・

ソーシャルネットワークネットワークの後に続けて見たんだけど、こちらは私に合わなかったみたい。


もう少し年齢を重ねてから見るべきだったかもしれない。
いまいちリアリティーを感じられなかった。

残念。

◆004◆ ソーシャルネットワーク

f:id:ocapi3:20170328210420j:image

映画館で上映中から観たい作品だった。

寝起きで観始めたが、面白すぎて頭がシャキっとした。


個人的にFacebookは利用していないが、どうしてこれだけ広まったのかわかった気がする。


ビジネスで成功して大金を手に入れても、周りを大切にするなど基本となる事から目を背けてはいけないと思った。

◆003◆ 死ぬまでにしたい10のこと

f:id:ocapi3:20170328210034j:image

人間の死とはこんなにすんなり受け入れられるのかと不思議だった。
独身の身でも残す家族、友人の事を思い浮かべやりきれないと思う。
若くてしかも子供がいてこの状況って・・・。

主人公の行動力、実行力は見習いたいと思った。

演技は自然で話がスーッと入ってきた。

淡々と鑑賞したという感じ。